読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮題。

3人娘の活動記録。不定期更新。いつまでも仮題です(*´-`)

秋の味覚!旬のさんまを丸ごと頂く

f:id:rinosayukaho:20161016230127j:plain

▲さんま氏に興味津々のKさん

 

秋刀魚が安かった。1匹あたり80円ちょっと。

今年はさんま高いっていう話がちらほら聞こえてくるのだけど、なぜだかうちの界隈は100円/1匹を上回ることがない。それでいて大きさとかは特に小さいこともなく。

 

と、いうわけで半日キッチンにてさんまと対峙。7匹580円なり。

定番は塩焼きなのですが、うちの子らはもっぱら圧力鍋で骨まで食べられる煮物がお好み。梅干しで煮ると狂喜乱舞します。

 

f:id:rinosayukaho:20161016121238j:plain

▲さんまの梅煮。てんこ盛り

 

下ごしらえの際、いつも頭とワタ(内臓)は捨てていたのですが、Rさんからもったいないと指摘を受けまして、今回は頭とワタを使ってゴミを減らすことを試みました。さすが小学校4年生。ごもっともなご指摘です。

 

f:id:rinosayukaho:20161016121253j:plain

▲さんまの頭だけを使ったふりかけ

 

f:id:rinosayukaho:20161016121427j:plain

▲焼き茄子。さんまのワタ+味噌を乗せて

 

f:id:rinosayukaho:20161016121442j:plain

▲もう日本酒しか飲むものがないです

 

塩焼きもいいですが、煮物もウマいですよ。

 

レシピ的なもの

*さんまの梅煮

1.さんまをつぼ抜き(頭のところを切ってワタを抜き出す)
 →頭とワタは別々に取っておく

2.塩水で洗う(真水でも問題なし)

3.身を好きな大きさに筒切りして圧力鍋に入れる

4.調味料を入れて火にかける

 ※砂糖2:みりん2:お酒3:醤油1:酢1:水3 くらい(ざっくり目分量)

 ※梅干し入れたら梅煮。しょうがを入れても美味しい

 ※子ども向けにちょっと甘めにするため、砂糖入れてます

5.15~20分くらい圧力かければ骨まで食べられます

 

*さんまの頭のふりかけ

1.さんまの頭をカリカリに焼く

2.ミルにかけて粉々にする

3.調味料等を入れて炒める

 ※ごま、しょうゆ、かつおぶしなど

 

*さんまのワタ味噌

1.ワタを焼く。おいしそうな香りがしてきたらOK

2.裏ごし

 ※ウロコとか残ることがあるので、裏ごしした方がいいです

3.味噌と和える

 ※ネギとか入れても◎

 ※そのまま食べても、焼いて食べても。

 

ということで、捨てるものはエラや目玉、ワタに入っているウロコくらい。

劇的にゴミ(&悪臭)が減らせます。

 

お手伝いポイント

子どもがお手伝いできそうなポイント。

小学生(中~高学年)向け

・さんまのつぼ抜き(結構感動されます)

・うらごし(結構大変なので大人作業かな)

・さんまを筒切りにする

・焼いたさんまの頭をミルにかける

ふりかけを炒める

小学生(低学年)向け

・さんまを洗う

・頭&ワタを焼く

幼稚園児向け

・さんまを鍋に並べる

・ワタを味噌やネギと和える